RALPH LAUREN 表参道 レセプションパーティ

2017’ 7/31
LUXE ( リュクス ) は、初心者でも描ける本格ガラス絵付け教室、オーダー販売
デザインも学べるグラスペイントスクールです。

九州に続き新潟・秋田の豪雨。被災された方々に心から哀悼の意を表します。
皆様が早く日常生活に戻れますよう一日も早い復旧をお祈り致しております。



少し前になりますがマダムが教えて下さった展示会、
ラルフローレンホームのレセプションパーティへ足を運びました。

普段ホームコレクション(テーブルウエアの展示)はされていないため
パーティは招待客限定。思いがけず販売員さんから「是非良かったら!」と
ご招待頂きマキシドレスを纏い出席させて頂きました。

ラルフローレンの世界観は、洋服・小物に至るまで一貫性のある
エッジの効いたデザインに私は魅せられてきました。

その日お会いする方に敬意を持ちTPOに添って選ぶ洋服。
私服をはじめ仕事服も、ほぼラルフの時期があったほど
個人的に惚れこんでいます。

コレクションラインでは女性を引き立たせる色褪せないエレガントさが醸し出され
POLOのカジュアルイメージを強く持たれている方にとっては
きっと想像を覆されるであろう実は奥行ある世界観が最大の魅力。

永遠に愛されるデザインを永きにかけ創造し続けるデザイナーの実力、
ブランド力はずば抜けた魅力を放っています。
アルマーニに負けずとも劣らず私が生涯愛したいブランドの一つです。

ファッションの話題になると止まらないのでここまでにして・・・
そんなラルフローレンの世界観が集約された表参道店の素晴らしい空間で
当日はプロの方のテーブルコーディネーションレクチャーを受け
2017_07_ralph_party2.jpg
シャンパンやピンチョスを頂きながら一通り拝見させて頂きました。
2017_07_ralph_party4.jpg

ほろ酔いながらもクリスタルガラス製品の展開もしっかりチェックし勉強して参りました^^


バーコーナーのセットにも世界観がしっかり表現されていて素敵で・・・
2017_07_ralph_party3.jpg
今まで海外サイトでチェックしていた商品を目の前にし感激。
日本では滅多にお目に掛かれない質の高いお品ばかりが並んでいました。


会場で一段とオーラを放っていた商品は麻雀セット。こんな物まで作るの?!と
ゲストを唸らせる贅を尽くした品がポンと置いてあるだけで会場の格がグンと上がるもの。
2017_07_ralph_party.jpg
招待客は落ち着いた方が多く、著名人やモデルさん有名スタイリストさんも。
お話しする機会を頂けたりと、ゆっくり楽しめました^^

裕福そうなご夫婦方も個性的なお洒落を楽しむ方ばかりで
皆さんの華やかなファッションを拝見していても飽きませんでした。


ブランドイメージを決して裏切らないラルフローレン。
ファンには堪らないカッコ良さです。
(マダム、販売員さん、ありがとうございました!)

明日から8月。皆様、夏バテしないよう元気にごきげんにお過ごし下さいね♪





続・生徒の皆様 作品紹介

2017’ 7/23
LUXE ( リュクス ) は、初心者でも描ける本格ガラス絵付け教室、オーダー販売
デザインも学べるグラスペイントスクールです。

九州北部の豪雨により被災された方々に、心から哀悼の意を表します。
被災された皆様が早く日常生活に戻れますよう一日も早い復旧をお祈り致しております。



先日ご紹介しきれなかった皆様の力作、今回も引き続きご紹介して参ります。
初級4作品を終え、中級に入った生徒さんはラベンダーキャンドルスタンド。
スタンドの傘にラベンダーの絵付けを終えた後は仕上げに足の部分へも絵付け。(途中経過)
candlestand_lavender_Asan2.jpg
写真、上下共に下絵なしフリーハンドなので皆さん躊躇されるのですが
描き方のコツ!は、しっかりスパルタサポート致しますので ヒョエー(笑)
それまで気が確かなら、どの生徒さんも きちんと描いてお持ち帰りになれます
あ、失礼・・・(笑)
candlestand_lavender_Asan3.jpg
ミニミニラベンダーもトンボちゃんも・・・サッと描いて。
 ほら、こ慣れた感じでしょう?



こちらの生徒さんも同じ作品。あっと言う間に描いて時間が余ったので
オリジナルカスタマイズをご提案しました。
本来はこんな感じなのですが
candlestand_lavender_Asan.jpg

足の部分にポイントで色付けをしたら、締まりました^^
candlestand_lavender_Msan2.jpg
こうした地塗りは家でかんたんに出来そうですが
コツを知らずに塗ると失敗する確率が非常に高いのです。
時間を掛け丁寧に細かい部分まで美しく仕上げるため
必ず教室で塗るようお伝えしています。

色の美しさに生徒さんがウットリして塗りながら
「本当に綺麗!アメジストみたい!」 と、 トキめいてらっしゃいました^^
ベネチアンビーズのようにこっくりした色になり、とっても綺麗でした。


【中級】 オリーブ柄 ポット

前に御紹介したことのあるオリーブ柄のお皿をもとに
ポット用に再デザインしサンプル製作したものです。(サンプルも途中)
サンプルは淡めにしていますが生徒さんのお好みに合わせて色変更できます。
2017_06_pot_olive_Ysan.jpg
どんな仕上がりになるか、楽しみですね。
教室では色の相談もしながら進められますのでリュクスならではの
色感覚の訓練もでき、生徒さんにとってはお得なレッスンです。


【上級】 すずらん柄 スープカップ

そして最後はマダム製作中のすずらん。桜に負けない程の人気ぶりですすずらん

suzuran_cup_Nsan.jpg
花をびっしり描くので骨の折れる作業ですが楽しんで描いてワクワク。
大変!と思わず、楽しんでコツコツ描いているマダムは流石の余裕♪
皆さんから「早く描きた~い」と、羨望の眼差しを浴びてらっしゃいます^^


いよいよ本格的な夏の到来、暑さに負けず
ガラスで涼を取りながら元気にお過ごし下さいね。




リュクスの商品開拓とその裏側。

2017’ 7/8
LUXE ( リュクス ) は、初心者でも描ける本格ガラス絵付け教室、オーダー販売
デザインも学べるグラスペイントスクールです。

九州北部の豪雨により被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
避難者のライフラインや健康への影響が懸念されているそうですが
皆様が安全に過ごされることを願うばかりです。


先日、業者間取引を行う食器の見本市へ出掛けて参りました。
暑かった~~~そして歩いた~(苦笑) 帰宅し歩数計データを見たら1万歩越え。
多くの商品を1日中真剣にチェックしたので足よりも頭が疲れました(笑)

広大な会場では様々な業種の展示会が毎年行われていますが
一般の方は入場できないため厳しい警備のもと招待された業者は企業の名札を付けて入場します。
(当校講師コース終了の方には取引開設のしかた、ノウハウもお伝えします)

今回は新製品のチェック。魅力的な商品、扱いたい洗練されたデザインのガラスも多数♪
中国の業者さんも多かったのですがガラスの質がリュクスの基準には満たず見送り・・・。

私のように完全個人で活動している場合、バックアップもなければ
自動的にカタログを送ってもらえる訳でもないので自分の足で探す!
当然ですが全てを開拓しなければならないので自分で考え動かなければなりません。

だからこそ軸のブレない審美眼でセレクトし開拓した商品はオリジナルになる訳で
間違いなく強みになります。

こちらは日本のガラスメーカー、アデリアさんのブース。
和をテーマにした絵柄付の新商品がPRされていました。(量産品)
2017_07_aderia.jpg

流行の猫柄。
2017_07_aderia2.jpg

リュクスでも和柄はデザイン研究して早○年が過ぎ・・・。
出来にまだ満足しないので発表していませんが、
このあたりの柄は一般的なので一通り研究しました。
2017_07_aderia3.jpg

2017_07_aderia4.jpg

2017_07_aderia5.jpg
鳥獣戯画は数年前、バカラ社でもサンドブラストで製作されたグラスが発表されています。
既にその頃リュクスでも同デザイン案は色々ありました。

この柄は著作権フリーのため様々なものに製品化されやすく商品としては珍しくないこと、
グラスに限らず多くの方が様々な商品で目にする機会が多い柄で
私にとっては面白味に欠けるためリュクスではボツ案にしました。
御紹介は何かの機会がありましたら^^

リュクスでは題材にセレクトしているガラス製品が次々と廃番になりご入会時期によっては
サンプルと同じ商品をお分けできないことがございます。(在庫限りで終了など)

輸入品にはすぐ廃番になることが多くこの悩みは付き物で
生徒さんには申し訳なく思っていますが商品にはそれ以上の魅力がたっぷり詰まっています。
早くご入会になった方にとっては『今はもう手に入らないプレミア感』がありますね。
そんな所も魅力かと思っています。

輸入品は日本の厳しい商品基準に満たない製品も多く、扱う側にとっては
損失も生みやすい理由から価格が抑えられない。供給も安定しておらず
様々な努力をしなければ廃番でなくとも取扱いの継続すら出来ないのが現状です。

そうした厄介なことは嫌がる小売店さんが多いからこそ扱う側にとっては希少性があり
皆さんが喜んで下さるならばリュクスとしてはそのニッチを突き詰め
ガラス素材の探究をしていきたいと思っています。

今日は商品開拓の一部をご紹介しました。
一人でも多くの生徒さんやお客様から評価を頂ける魅力的な商品を探しご紹介したいです。




2017年07月08日 | Trackback(0) | ■LUXE SHOP
HOME

【 PROFILE 】

Glasspaint Artist
Leçon

LUXEへお問い合せ

Category

LUXE 協賛企業様

LUXE Twitter

Blog in search

IDをお持ちの方
是非ご登録下さい

FC2ブックマーク

TruckBack[merci !]

Monthly Archive

LUXE_QR-code

Translate

ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...